行政書士 新日本総合事務所(JR・京王・小田急・地下鉄新宿駅南口、東京都渋谷区)
株式公開支援
M & A支援
企業法務
個人法務
事務所概要
行政書士 新日本総合事務所(東京都新宿駅南口)のサービス

TOP > M & A > M&Aの手法【事業譲渡】[ M&Aのお役立ち情報 ]
文字のサイズ 小 中 大

M&A支援

M & Aのお役立ち情報

M&Aの手法【事業譲渡】

M&Aの手法でいう事業譲渡とは、売り手会社の事業(資産・負債・人材)の全部または一部を買い手会社に売却する方法です。
売却代金は売り手会社に入ります。
メリットは買い手会社が好きな事業だけ選んで購入できるので簿外債務(貸借対照表上に記載されていない債務)等を引き継ぐリスクが低いこと、売り手会社からすると譲渡の対価として現金を取得できるので、譲渡代金を利用して早期に経営再建に活用することができる、といった点が挙げられます。
デメリットは、買い手会社が個別に資産を選定する必要があるので、煩雑であること、従業員の同意が必要であること、資産の譲渡となるので、取引に消費税が課される、といったことが挙げられます。
また、行政上の許認可を引き継ぐことができないので酒類販売業や運送業等、行政上の許認可が必要な事業である場合、事業譲渡によってもその許認可を承継することはできません。
M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)
成功するM&Aの提要
もっと知りたいときはこちらからどうぞ
詳しい資料を請求する
面談で相談する

面談を予約する
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ
M&A(Mergers and Acquisitions)
事務所概要
面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


Copyright
日本行政書士会連合会 東京都行政書士会 戦略法務研究会
株式会社&行政書士 新日本総合事務所 Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.