行政書士 新日本総合事務所(JR・京王・小田急・地下鉄新宿駅南口、東京都渋谷区)
株式公開支援
M & A支援
企業法務
個人法務
事務所概要
行政書士 新日本総合事務所(東京都新宿駅南口)のサービス

TOP > M & A > M&A【ターゲット企業との交渉】 [ M&Aのお役立ち情報 ]
文字のサイズ 小 中 大

M&A支援

M & Aのお役立ち情報

M&A【ターゲット企業との交渉】

買収企業の候補が絞り込まれると、次にその相手企業との交渉を行いますが、交渉において以下のポイントがあります。

@買収金額
買収金額については買い手側はできるだけ安く、売り手側はできるだけ高くすることを希望しますが、買収金額に大きな開きが無い場合や支払方法などを工夫するなど交渉の余地があると判断したならば、交渉自体が継続するように、仲介人や代理人が金額に関して個別の交渉を行います。
しかし、それでも当事者間の思惑の金額があまりにもかけ離れ、その差を埋める事が困難だと判断した場合は、速やかに交渉から買い手側が撤退することになります。

A従業員・役員の地位
 一般的に、従業員は買収と聞けば、リストラされるのではないかと不安を感じ、社内が動揺してしまうことが多く有ります。
また、役員についても同様に解任されるのではないかという不安を感じます。
オーナーにしても、長年会社に尽くしてくれた従業員達を無視して、自分はお金だけ受け取って『さようなら』とはいき難い感情があります。
一方、買い手側にしても経営の自由は確保されなければならないが、事業再生でも無い限り、買収直後の人員整理は難しいところもあります。
そこで、株式譲渡契約書等に1.2年間の組織体制の現状維持に関する合意の一文を挿入するケースが多くあります。

B独占交渉権
ターゲット企業が優良であれば、是非買いたいと思う企業は多く存在します。売り手側にとっては、買い手側が多けれ有利な条件で売却できる可能性がありますので、特定の買い手側から独占交渉締結を提案したとしても断り、他の会社と交渉できることちらつかせることもあります。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)
成功するM&Aの提要
もっと知りたいときはこちらからどうぞ
詳しい資料を請求する
面談で相談する

面談を予約する
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ
M&A(Mergers and Acquisitions)
事務所概要
面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


Copyright
日本行政書士会連合会 東京都行政書士会 戦略法務研究会
株式会社&行政書士 新日本総合事務所 Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.