新日本総合事務所

IHIは2012年2月3日、クレーンや立体駐車場を手掛けるIHI運搬機械とコンクリート製品をつくる石川島建材工業を完全子会社化する

【 2018年04月20 06:02 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

IHI、傘下2社を完全子会社化

IHIは2012年2月3日、クレーンや立体駐車場を手掛けるIHI運搬機械とコンクリート製品をつくる石川島建材工業を完全子会社化すると発表した。株式取得総額は2社合わせて約80億円を見込む。同社は海外展開の拡大を狙ってグループ力を引き上げる戦略を打ち出しておりその一環。これら2つの子会社はともに東証二部に上場しており、IHIによる全株取得に伴い上場廃止となる。2月6日から3月16日にかけて2社に対しTOB(株式公開買い付け)を実施する。IHI運搬機械は1株670円、石川島建材工業は1株175円でそれぞれ株式を買い取る。2社とも単独では海外での市場開拓が難しくなっておりグループ全体で営業力を強化する。IHI運搬機械は立体駐車場では国内シェアトップ。ただ内需が低迷し最近は事業が伸び悩んでいる。IHI建材工業はトンネル用のコンクリート製品を製造。国内案件の減少を受け近年は東南アジアでの市場開拓を急いでいる。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ