M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所

NECは2012年3月22日、米大手通信サービス会社コンバージス(オハイオ州)から課金システムなど通信会社向けのシステム事業を買収する

【 2018年04月25 19:16 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

NEC、米通信事業買収を正式発表

NECは2012年3月22日、米大手通信サービス会社コンバージス(オハイオ州)から課金システムなど通信会社向けのシステム事業を買収すると正式に発表した。買収額は4億5000万ドル(約370億円)。22日午後5時から都内で遠藤信博社長らが記者会見を開いて買収の狙いなどを説明する。
コンバージスの課金システム事業は、米AT&Tなど有力通信会社を顧客に抱えるほか欧州や中南米でも事業展開している。NECは買収により海外で通信会社向けのサービス事業を拡充するほか、中南米など新興国での事業基盤を強化する。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ