新日本総合事務所

日立製作所は5日、マレーシアで金融機関向け情報システムの販売・保守を手掛けるeBworx(イービーワークス)社(スランゴール州ペタリンジャヤ市、タン・スワン・フォン代表)にTOB(株式公開買い付け)すると発表

【 2018年04月20 06:05 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

日立、マレーシアの会社をTOB 金融機関向け情報システム

日立製作所は5日、マレーシアで金融機関向け情報システムの販売・保守を手掛けるeBworx(イービーワークス)社(スランゴール州ペタリンジャヤ市、タン・スワン・フォン代表)にTOB(株式公開買い付け)すると発表した。買い付け期間は26日~5月17日で発行済み株式の85%以上の応募で成立する。買い付け総額は約47億円になる見通し。日立によると「今回のTOBは友好的な買い付け」という。日立側はイービーワークス社の現地での実績や顧客基盤を評価し、日本企業の進出が進むマレーシアでの事業拡大に有効と判断した。現在日立側はイービーワークス社の株式は保有しておらず、今回のTOBで100%近い株式を手に入れたい考えだ。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ