M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所

JFEホールディングスは、傘下の川崎マイクロエレクトロニクスの全株式をメガチップスに譲渡することについて基本合意書を締結する

【 2018年04月25 19:23 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

JFEホールディングス、川崎マイクロエレクトロニクスをメガチップスに譲渡

JFEホールディングスは、傘下の川崎マイクロエレクトロニクスの全株式をメガチップスに譲渡することについて基本合意書を締結する(鉄鋼業界のM&A)。川崎マイクロエレクトロニクスは、液晶パネル・通信機器・事務機器等の分野を中心に特定用途向け集積回路の設計、製造および販売を行うファブレスLSIメーカー。メガチップスは、研究開発型ファブレスLSIメーカーとして、エレクトロニクス業界における上流のアプリケーションやアルゴリズム、アーキテクチャ分野での高い技術力をもとにLSIやシステム製品の設計開発および販売を行っており、川崎マイクロエレクトロニクスと相互補完的な関係にある。JFEホールディングスが譲渡する株式は、川崎マイクロエレクトロニクスが発行する全株式、15,039,600株。売却価額は、8,500百万円。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ