新日本総合事務所

JVCケンウッドは、新興市場を中心にカーエレクトロニクス事業の強化、成長を図るため、CITIC Capitalが運営する日本企業投資向けファンドからShinwa International Holdings Limitedの発行済株式の45%を取得

【 2018年04月20 06:01 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

JVCケンウッド、Shinwa International Holdings Limitedの株式を取得

JVCケンウッドは、新興市場を中心にカーエレクトロニクス事業の強化、成長を図るため、CITIC Capitalが運営する日本企業投資向けファンドからShinwa International Holdings Limitedの発行済株式の45%を取得する(電気機器業界のM&A)。また、この取得後3年以内に、株主の内藤善文氏からShinwa International Holdings Limitedの発行済株式の31%を譲受ける。この時点でShinwa International Holdings Limitedの発行済株式の76%を保有することになり、Shinwa International Holdings LimitedはJVCケンウッドの子会社になる。取得する株式は13,090,910株、Shinwa International Holdings Limitedの発行済株式の45%。取得価額は45.5百万米ドル(約3,640百万円)

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ