M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所

日新製鋼(以下「日新」)と日本金属工業(以下「日金工」)は、共同株式移転の方法により持株会社を設立し、経営を統合する

【 2018年04月25 19:28 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

日新製鋼と日本金属工業が経営統合

日新製鋼(以下「日新」)と日本金属工業(以下「日金工」)は、共同株式移転の方法により持株会社を設立し、経営を統合する(鉄鋼業界のM&A)。
両社は、この経営統合により、経営資源を結集してこれを最大限に活用することにより、ステンレス分野における総合力(技術・開発力、販売力、収益力)国内No.1 メーカーとしての地位を確立するだけでなく、グローバル・ステンレストップメーカーへの飛躍に向けて事業基盤を強化する。この株式移転は、日新の普通株式1株に対して、共同持株会社の普通株式0.1 株を、日金工の普通株式1株に対して、共同持株会社の普通株式0.056 株をそれぞれ割当て交付することで行う。共同持株会社が発行する新株式数は、109,843,923株となる。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ