M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所

ダンロップスポーツは、株式交換によりダンロップスポーツ中部を完全子会社化する

【 2018年04月25 19:23 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

ダンロップスポーツ、ダンロップスポーツ中部を株式交換により完全子会社化

ダンロップスポーツは、株式交換によりダンロップスポーツ中部を完全子会社化する(その他製品業界のM&A)。この株式交換では、ダンロップスポーツ中部普通株式1 株に対してダンロップスポーツの普通株式60.13 株を割り当てる。ダンロップスポーツが交付する普通株式は805,742株となる予定。交付する株式は、全てダンロップスポーツが保有する自己株式をもって割り当てる。
ダンロップスポーツがダンロップスポーツ中部を完全子会社化するのに要するコストは、ダンロップスポーツの今日の終値で計算すると787百万円となる。(2012年5月7日)

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ