M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所

IHIは、明星電気との間で業務提携契約を締結し、更に明星電気を子会社化することを目的として同社の普通株式を公開買付により取得する

【 2018年04月25 19:20 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

IHI、明星電気の普通株式に対する公開買付を開始

IHIは、明星電気との間で業務提携契約を締結し、更に明星電気を子会社化することを目的として同社の普通株式を公開買付により取得する(機械業界のM&A)。
買付期間は、平成24年5月9日(水曜日)から平成24年6月6日(水曜日)まで。
買取価格は、普通株式1株につき金90 円。
買付予定数は、67,720,000株(株券等の所有割合51%相当)。
但し、応募株券の数が買付予定数の下限(66,399,000株)に満たない場合は、応募株券の全部の買付を行わず、買付予定数の上限(67,720,000 株)を超える場合は、その超える部分の全部又は一部の買付は行わないものとし、法第27条の13第5項及び府令第32条に規定するあん分比例の方式により、株券の買付に係る受渡しその他の決済を行う。買付総額は、6,095百万円。
本日の明星電気の終値で計算した買取価格に付されたプレミアムは、△4.2%。
この公開買付は、上場廃止を企図するものではなく、67,720,000株(所有割合:51%)を上限として公開買付を実施するので、公開買付後も、上場は維持される予定。
明星電気は、環境計測、防災システム、特機、宇宙関連及び制御システムを事業としており、特に高層気象向けラジオゾンデや地上気象向けアメダスに代表される各種気象計測等の環境計測事業、地震観測・警報等の防災システム事業、及び「はやぶさ」搭載蛍光X線分析装置や「かぐや」搭載ハイビジョンカメラに代表される衛星観測機器・ロケット計測機器等の宇宙関連事業においては高い技術力と製品開発力を有しており、競争力を有する独自製品を販売している。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ