M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所

ビックカメラは、コジマとの間で、資本業務提携を行い、コジマが実施する第三者割当増資を全て引き受ける(ディスカウントストア等業界のM&A)

【 2018年04月25 19:21 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

ビックカメラ、コジマを子会社化

ビックカメラは、コジマとの間で、資本業務提携を行い、コジマが実施する第三者割当増資を全て引き受ける(ディスカウントストア等業界のM&A)。
ビックカメラが引受けるコジマの株式は39,000,000 株。
取得価額は、14,118 百万円。
引受後ビッグカメラが保有することになるコジマ株式の、発行済株式に対する所有割合は、50.06%(議決権割合も同割合)。
この資本業務提携により、ビッグカメラグループは、売上高で1兆円規模、業界2位のグループとなり、特に首都圏における市場シェアが20%を超える水準となることが見込まれる。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ