M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所

カゴメは、関連会社であるHolding da Industria Transformdora do Tomate, SGPS S.A.(以下HIT社)の株式を追加取得し、子会社化する

【 2018年04月25 19:29 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

カゴメ、関連会社であるHolding da Industria Transformdora do Tomate,SGPS S.Aを子会社化

カゴメは、関連会社であるHolding da Industria Transformdora do Tomate, SGPS S.A.(以下HIT社)の株式を追加取得し、子会社化する。
追加取得する株式数は、54,890~81,950 株 (持分比率9.98~14.90%)。
取得価額は、1,269千ユーロ~1,894千ユーロ(約129百万円~193百万円)。
追加取得後の所有株式数は、291,390~318,450株 (持分比率52.98~57.90%)。
今回の追加取得は、HIT社設立時に締結された株主間契約書に従い、株主であるGROCAPITAL(ポルトガル国政府系農業ファンド)がプットオプションを行使したことによる。
取得株式数は、株主間契約書に準じ協議中。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ