M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所
リクルートが来年にも株式の上場を目指す方針を固めたのは、世界的に事業を拡大するための資金を調達することが目的だ。
【 2018年10月20 03:08 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

市場、リクルート上場を歓迎 M&Aも可能に

リクルートが来年にも株式の上場を目指す方針を固めたのは、世界的に事業を拡大するための資金を調達することが目的だ。
上場は2012年10月に発足させ、100を超える関連会社をまとめる持ち株会社「リクルートホールディングス」が対象になる見通しで、株式交換による企業の合併・買収(M&A)などを進めることも可能になる。
経常利益が1000億円を超え、市場は「大型上場」(証券会社)と歓迎している。
 リクルートは6月22日の株主総会で、株式公開について「中長期の成長手段の一つ」と説明した。
 同社は、学生向け就職サイトの運営や、結婚や住宅購入、旅行に関するインターネットや雑誌を通じた情報発信を行っているほか、子会社のリクルートスタッフィングなど2社が人材派遣業を手がけている。
今後は需要が高まる海外での人材派遣事業の拡大を検討しており、上場で得た資金を充てたい考えだ。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ