M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所

日本システム技術は、新日本ニーズ、SafeNeeds及び桂林安信軟件有限公司の株式を取得し子会社化した。

【 2018年04月25 19:21 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

日本システム技術<4323>、新日本ニーズ及びSafeNeedsを子会社化

日本システム技術は、新日本ニーズ、SafeNeeds及び桂林安信軟件有限公司の株式を取得し子会社化した。
日本システム技術が取得した新日本ニーズ及びSafeNeedsの株式数及び取得価額は、それぞれ10,000株(所有割合100%)65百万円、1,540株(所有割合93.9%)77百万円。
桂林安信軟件有限公司は、SafeNeedsの役員が全額出資し、日本システム技術の実質支配力が及ぶため連結対象会社となる。
今後、SafeNeedsが桂林安信軟件有限公司の資本の80%を取得する予定であり、現在、中国国内での外資投資申請手続きの準備中。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ