新日本総合事務所

米国Dellは、2012年7月2日にQuest Softwareを24億ドルで買収する予定だと発表した。

【 2018年04月20 06:00 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

デル、24億ドルでクエストを買収 ソフトウェア事業を強化

米国Dellは、2012年7月2日にQuest Softwareを24億ドルで買収する予定だと発表した。
Dellが同インフラストラクチャ・ソフトウェア・ベンダーに関心を持っているという噂は、数週間前から流れていた。
両社の契約は2012年末までに締結される見込み。

Questの製品には、データベース管理ツールセット「Toad」、ID管理ソフトウェア「Quest One Identity Manager」などがあり、これらとSonicWALL製品およびSecureworks製品すべてがDellのポートフォリオを補完するものだと、同社は声明の中で述べている。

Dellは今年初めにCA Technologiesの前最高経営責任者(CEO)であるジョン・スウェインソン(John Swainson)氏を責任者に据えた新ソフトウェア部門を立ち上げており、このたびのQuest Software取得はソフトウェア会社関連の買収としては最新事例となる。

Questは3月、未公開株式投資会社のInsight Venture Partnersとともに20億ドル相当の自社株を買い戻し、企業を非公開化することを発表していたが、同時によりよいオファーがあれば受ける用意はできているとも話していた。

スウェインソン氏は、「Questが所有する業界屈指のソフトウェア製品や有能な人材、さらには唯一無二の知的財産を手に入れることで、Dellはソフトウェア業界でも最大規模かつ最速の成長ペースを実現し、好位置につけられるようになるだろう」と、声明に記している。

一方、QuestのCEOを務めるビニー・スミス(Vinny Smith)氏は顧客にあてた書簡で、「今回の合意は世界中にいるわれわれの顧客およびパートナーにとってすばらしいニュースだと言える」と語った。

「Dellの流通力や浸透度、ブランドの知名度は業界で知らない者はいない。われわれの製品をソフトウェア・ビジネスの土台とすべく、DellはQuestを買収した」(スミス氏)
Dellはこうした買収を通して、システム管理分野の“ビッグ4”である米国IBM、米国HP、米国BMC Software、米国CA Technologyと直接競合していく覚悟を決めている。

声明によれば、2011会計年度におけるQuestの収入は8億5,700万ドルで、Dellは同社の買収により「12億ドルに相当するソフトウェア・ビジネスの基礎」を手に入れることになるという。

Dellの戦略は、3つの大きな業界トレンドを視野に入れているようだ。すなわち、データの指数関数的成長、クラウド・ベース・ソフトウェアの台頭、モバイル・デバイスの増加、の3つだ。いずれのトレンドもリスクがつきものであり、Dellは企業にこれらを管理する術を提供していくつもりだと、スウェインソン氏は主張した。

Dellの幹部らは、当面はQuest製品をスイートとして販売するが、徐々に自社製品との統合を図る、としている。
Windowsサーバ管理ツールを含むQuestのソフトウェア製品群は、Dellが最近獲得したアプリケーション・モダナイゼーション・ベンダーClerityなどの製品ともなじみがよいと、スウェインソン氏は説明している。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ