お知らせ:テキストテキスト

一般社団法人の団体の財産の安全性

公開日:  最終更新日:2018/05/14

d5ca88a71d51fa0d33d686b9661bd21b_s
先日のブログで「一般社団法人が意外と身近な存在である」と言うことを説明しました。
それでも中には「社会貢献活動も特にやっていないし、団体で趣味活動をしているわけでもないし、自分には関係ない」と言う人もいるかもしれません。
しかし、町内会や自治会、同窓会はどうでしょう?
実はこういった法人とはかけ離れたイメージの団体でも、一般社団法人化することは可能なんです。

では、これらの団体が法人化するメリットとは何でしょうか?
一番に挙げられるのは、法人化する事で普通の会社と同様に、団体名義の銀行口座開設や不動産登記ができるようになるという点です。
団体名義でさまざまな手続きができるということは、町内会などの団体にとって非常に大きなメリットなんです。

まず銀行口座の開設の場合です。
通常、法人ではない団体の銀行口座を団体名義で作る事はできません。そのため団体の代表者名義となるのですが、これがなかなか不便なのです。例えば、代表者が変わる度に新しい代表者名義に変更しなければなりません。さらに、口座のお金は団体のものであるにも関わらず名義には代表者個人の名前が入っているため、誰の財産なのかが分かりにくくなってしまいます。

そして、これは口座のお金だけでなく、土地や建物といった不動産の場合も同じです。
土地や建物を登記(誰が所有しているものなのかを公示するシステム)する際にも、団体ではなく代表者個人名義となってしまいます。団体と代表者の間で何かトラブルがあった場合などを考えると、実際の所有者と名義上の所有者が異なるというのは、とても危険な状況だという事が分かるでしょう。もし、代表者が「この財産は自分のものだ」などと主張したら、裁判に発展してしまう可能性もあります。

しかし、一般社団法人化することによって、そういった問題を抱えることもなくなります。
一般社団法人設立」の制度は、団体の大切な財産を守るためにも役立つのです。財産の所有をはっきりとさせることで安心感が生まれれば、団体の活動もやりやすくなるでしょう。

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら