お知らせ:テキストテキスト

一般社団法人のスポーツに関連する法人

公開日:  最終更新日:2018/05/14

4f4e00e77b4386dcc5ed0d83c11e2573_s

スポーツに関連した一般社団法人の一つとして「ライフスタイルスポーツ協会」という団体が存在します。(ホームページ http://lssa.or.jp/index.html)

「ライフスタイルスポーツ協会」は、下記の3つの理念のもとに、新しいスポーツの楽しみ方の発展・促進に寄与することを目的に活動している一般社団法人です。

【団体理念】

1:スポーツを生活に身近なものとし、
急速に少子高齢化問題に直面している日本全国における
生涯スポーツの促進・発展に寄与する。

2:多様化する現代のライフスタイルに合わせたスポーツを嗜好出来る場の
提供により、心と身体の健康促進に寄与する。

3:アスリートがセカンドキャリアとして働ける場、
スポーツに打ち込んでいた者が指導者として活躍できる場を創造し、
世代間での循環を生み出す。

(ライフスタイルスポーツ協会 CONCEPTページより引用)

 

そして、ライフスタイルスポーツ協会が今月から発売した「フィジカル遺伝子分析サービス」というものが、最近話題になっています。

このサービスでは「運動能力」のほか「代謝・肥満」の特性を遺伝子レベルで分析できます。そして、自分の「潜在能力」「トレーニング方法」「食事メニュー」「休息方法」が詳しく教えてくれます。検査方法は簡単で、採取棒で口腔粘膜を採取。棒と必要書類を送ると、検査結果レポートが届けられる。

スポーツを行う上で「自分はこれが得意」「これを食べると太りやすい」「こうすると疲れやすい」「このトレーニング方法が向いている」ということを把握しておくのは重要でしょう。しかし、自分の特性を勘違いしているケースもあるのです。検査によって、自分がどういうタイプなのかを分析し、理解することでスポーツ能力の向上が期待できます。

 

未来のスポーツ選手育成を目的とした一般社団法人は他にもあり「スポーツ能力発見協会」もその一つです。(ホームページ http://www.dosa.or.jp/index.html)

スポーツ能力発見協会は、スポーツ測定、スポーツ選手のセカンドライフの支援、 運動能力が高まる研究などを事業内容として活動しています。スポーツ選手になりたいという子どもたちを応援すると同時に、プロスポーツ選手を引退した人たちが今までの経験を活かして第二の人生をでも活躍できることを目的として設立されました。

2020年の東京五輪開催を控え、より高い能力を持つスポーツ選手の登場が期待されています。そのため、運動能力の遺伝子検査や、スポーツ測定といったものは今後ますます注目される可能性が高いのです。スポーツに関連した一般社団法人の地道な活動が、五輪選手の発掘やメダリストの誕生に陰ながら貢献していると言えるでしょう。

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら