お知らせ:テキストテキスト

一般社団法人の機関について

公開日:  最終更新日:2018/05/11

3a7104fe9eff94433cae61c469fdbd16_s

今日は、一般社団法人の機関について説明しましょう。

一般社団法人に必ず設置しなければならない機関は、社員総会と理事です。その他、定款の定めによって,または一般社団法人の規模の大きさによって、理事会,監事又は会計監査人を置く場合もあります。

それぞれについて詳しく説明します。

 

①社員総会

社員総会では法律で定められている事のほか、一般社団法人の組織,運営,管理など、全般的な事を決議できます。しかし、理事会を設置している場合は、法律で定められている事と定款で定めた事に限り決議をすることができます。社員総会では、理事、監事、会計監査人の選任・解任や、定款の変更、解散などの重要事項の決定も行われます。

 

②理事・理事会

一般社団法人の理事とは、会社に例えれば取締役に当たる人で、業務や事業運営を行います。最低限1人以上置くという決まりなので、複数人でもかまいません。なお、理事会を設置したい場合は、3人以上の理事が必要です。

 

③監事

理事や理事会が業務を適正に行っているか監視をして、監査報告を作成します。理事に対して業務報告を求めたり、財産の状況を調べたりすることができます。理事会に出席して意見を述べたり、自ら理事会を招集することもできます。

 

④会計監査人

一般社団法人の計算書類等を監査して、会計監査報告を作成します。理事に対して会計に関する報告を求め、業務や財産の状況を調査することができます。もし、理事の不正を発見したときは、監事に報告する義務があります。なお、会計監査人になれるのは、公認会計士又は監査法人に限られます。

 

 

すべての法人において機関設置を画一的にしてしまうと、法人によっては不都合が生じてしまうケースもあります。組み合わせパターンを複数設定することより、各一般社団法人の規模や実態に合わせた機関の設置が可能になります。

どのような機関を設置しているかという情報は、重要事項なので、定款作成の際にも、設立登記をする際にも記載する必要があります。

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら