年末年始お休みのお知らせ:12月29日~1月6日まで年末年始の休業をいただきます。休業中にいただいたメール、FAX等のご連絡は、すべて休業明けから順次対応させていただきます。新年もどうぞよろしくお願いいたします。

一般社団法人 次世代自動車振興センター

公開日:  最終更新日:2018/05/11

5b50c4489d0d69a388d00fe14e4efecf_s

今日は「次世代自動車振興センター」という一般社団法人をご紹介しましょう。

この一般社団法人は、「環境・エネルギー性能に優れた自動車の普及を促進することにより、わが国のエネルギー政策及び環境政策に寄与する」ことを目的として設立されました。
次世代自動車とは、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車、クリーンディーゼル自動車などのことを指します。

事業内容は、おおまかに分けると下記の3つです。

◎クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金事業
電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車、クリーンディーゼル自動車の購入者に補助金交付

◎次世代自動車充電インフラ整備促進事業補助金事業
電気自動車、プラグインハイブリッド自動車の普及拡大を図るため、自動車用充電設備の設置者に補助金交付

◎水素供給設備整備事業費補助金事業
燃料電池自動車の早期普及を図るため、水素供給設備の整備を行う者に補助金交付

この他にも、次世代自動車の普及および設備の設置を促進するために、補助金制度のPR、クリーンエネルギー自動車等の普及促進のための展示会・シンポジウムなども行っています。

現在、地球温暖化問題や化石燃料の枯渇などによるエネルギー問題は、ますます深刻化しています。この環境変化に合わせて、自動車分野においても変革が求められています。具体的には、ガソリン自動車の更なる燃費向上、CO2排出量の削減、燃料の多様化などがが挙げられます。
そして、近年は特に、本格的な次世代自動車の開発・普及が強く求められるようになってきているのです。自動車メーカーが注力しているのはもちろんのこと、国においても普及拡大のための施策を展開しています。

クリーンエネルギー自動車(CEV)は、技術革新などのメーカー各社の努力によって、以前と比べると購入しやすい価格になりつつあります。また、充電設備も進んでおり、スーパーやコンビニ、道の駅、ショッピングモール、高速道路、宿泊施設、コインパーキング、レストランなど、さまざまな場所で充電が可能となっています。
低価格化と利便性の高まりにつられるように、国内販売台数は順調に伸びています。

もし、次世代自動車に該当する自動車の購入を考えていらっしゃるのであれば、補助金情報も併せて調べるようにしましょう。次世代自動車振興センター主催の体験試乗会なども開催していますから、そういったイベントに参加してみるのも良いですね。

一般社団法人 次世代自動車振興センターホームページ
http://www.cev-pc.or.jp/

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら