お知らせ:テキストテキスト

一般社団法人に対して「財団法人」というのはどんな団体なのですか?

一般社団法人の設立回答 
一般財団法人というのは、社団が人(自然人と法人)の集合体であったのに対して、財産が中心となった法人のことを指して区別するものです。
例えば、財団法人とはある一定の目的のために提供された財産を管理・運営するために設立されるもので、法律上の要件を具備することにより法人格を認められた団体ということができます。
財団法人の例としては、芸術振興目的の団体が多いのですが、文化という風に視野を広げてみると、スポーツ振興を目的とする日本体育協会とか、あるいは一般企業が社会貢献を目的として企業財団を設立したりするケースもあります。この例では、トヨタ財団やキリン福祉財団などがあてはまるでしょう。
財団法人についても、社団法人と同じように平成20年11月以前には、民法によって法人格を認められた「財団法人」という制度がありましたが、平成20年12月実施の公益法人制度改革によって、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律によって法人格を認められた「一般財団法人」と、一般財団法人の中で、さらに公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律によって所管行政官庁から公益認定を受けることによって成立した「公益財団法人」との、2種類の法人格が存在しています。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら