お知らせ:テキストテキスト

一般社団法人、または一般財団法人が行うことのできる事業内容に制限はありますか?

一般社団法人の設立回答 一般社団法人が行うことができる事業に、特に制限はありません。
そのため、不特定多数の人間に利益の出るような事業はもちろん、町内会や同窓会、サークルなどのように、特定の構成員に共通する利益を図ることを目的とする事業を行うこともできます。あるいは、収益事業を行うことも何ら妨げられません。
一般社団法人と一般財団法人が収益事業を行い、その利益を法人の活動経費等に充てることは何ら差し支えありません。
ただし、株式会社のように営利目的の法人ではないので、たとえ定款に書いてあったとしても、社員や設立者に剰余金や残余財産の分配をすることはできません。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら