お知らせ:テキストテキスト

一般社団法人が解散するときは、どういうときですか?

一般社団法人の設立回答 一般社団法人は、以下の7つの条件下において解散しなくてはなりません。
1.定款で定めた存続期間が満了した時
2.定款で定めた解散の事由が発生した時
3.社員総会で解散が決議されたとき
4.社員がいなくなったとき
5.他法人との合併によって、当該法人が消滅した時
6.破産手続開始の決定があったとき
7.解散命令、または解散の訴えによる解散を命ずる裁判があったとき
また、法人制度の悪用や乱用を防ぐため、登記があった最後の日から5年以上変更がされていない一般社団法人は、一定の手続きのもとで解散したと見做されます。これを『休眠一般社団法人』と呼びます。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら