お知らせ:テキストテキスト

一般社団法人でも、その規模や内容によって法人内部の機関や役職に違いがあるとききました。どんな違いがあるのか教えて下さい。

一般社団法人の設立回答 一般社団法人には、裁定機関として『社員総会』と『理事』1名が必要です。
それ以外には、定款の定めに従って『理事会』『監事』または『会計監査人』を置くことができます。このうち、『理事会を設置する場合』と『会計監査人を設置する場合』は、『監事』を置かなければなりません。
一般社団法人の機関設計は、以下の5通りです。
1.社員総会+理事
2.社員総会+理事+監事
3.社員総会+理事+監事+会計監査人
4.社員総会+理事+理事会+監事
5.社員総会+理事+理事会+監事+会計監査人
また、大規模一般社団法人(貸借対照表の負債の合計額が200億円以上の一般社団法人)は、会計監査人をおく必要があります。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら