お知らせ:テキストテキスト

一般社団法人とはなんですか?

 一般社団法人とは、平成20年12月に施行された、『一般社団法人および一般財団法人に関する法律』に基づいて設立される社団法人のことをいいます。

旧来の社団法人は公益法人と一般法人に分化して成立

それまで、社団法人や財団法人といった非営利を目的とする法人格が中間法人の一種として存在していました。それが同法の成立と施行により、旧来の社団法人は公益法人(公益社団法人)と一般法人との二つの形態に分かれました。一般社団法人はこの後者にあたります。

一般社団法人でもビジネス活動できます

一般社団法人は、株式会社のように株式を発行して不特定多数から資本金を調達したり、株主に利益を配当したり、株式上場を経てを資金調達したりすることはできませんが、基本的に事業内容に制約を受けることがありませんので、ビジネス活動をするための法人格として設立することも可能です。
一般社団法人」という名称のイメージが、高い社会性を連想させますので、社会的起業や異業種連携での実験的な事業などを行う場合などに、社会の理解が早く得られる、ポジティブなイメージがある、という利点が期待できます。
一般社団法人は、設立の登記をすることによって成立します。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら