お知らせ:テキストテキスト

一般社団法人のメリットはなんですか?

一般社団法人の設立回答 一般社団法人を設立するメリットには、次のようなものがあります。
1.『社団法人』という法人格を取ることによって、社会的信用が得られること。
2.最低2名で設立できるので、取締役会や監査役設置の株式会社や、NPO法人よりも容易に法人設立ができること。
3.法人名義での契約が可能であること。
5.法人名義での金融機関口座が開設できること。
6.NPO法人と比較すると、活動の分野に制限がないこと。
7.内部的経済活動は非課税であるなど、税制上の優遇措置があること。
8.福祉等の公益活動に対する補助金認定や事業受託に有利な法人であること。

以上のように、対社会的にも、設立事務の負担の面からも、税制の面からも、許認可取得の面からも、それぞれ大きなメリットがあるのが一般社団法人です。これからの時代に社会起業で独立創業するのであれば、一般社団法人が一番良いのではないかと思われる理想的な法人スキームと言っていいでしょう。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら