お知らせ:テキストテキスト

一般社団法人は、どうやって設立すればよいのでしょうか?

一般社団法人の設立回答 一般社団法人は、以下の流れで設立します。
1.まず、自分を含め、創設時の社員となる二人の人間を集めます。一般社団法人をつくるためには、二人以上のメンバーが必要です。一人だけでは、一般社団法人を設立することはできません。
メンバーが決まったら、定款を作成し、公証役場で公証人の認証を受けます。
定款とは、会社におけるもっとも重要な規則を定めたもので、いわば会社の憲法のようなものです。会社を設立するには、基本的にこの定款が不可欠です。
2.設立時のメンバーの中から、理事を一人選出します。
※なお、設立時監事や設立時会計監査人を置く場合は、これらの人もメンバーの中から選んでください。
3.理事に選出された人が、設立手続の調査を行います。
4.法人の代表者(理事もしくは代表理事)が、会社の主な事務所の所在地を管轄する法務局、もしくは地方法務局に設立の登記の申請を行います。
一般社団法人の設立には、主務官庁から認可を受ける必要はありません。登記申請をするだけで設立が可能です。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら