お知らせ:テキストテキスト

一般社団法人の事業年度とは何ですか?

一般社団法人の設立回答 
事業年度とは、法人の事業期を定める年度のことです。
暦の上では一年は1月から12月までの365日ですが、学校や官公庁においては、『一年は4/1から翌3/31まで』と定められており、それにしたがって動いています。これが年度です。新しく法人を設立する際には、その法人の事業年度を定めなくてはなりません。
年度をどのように決めるのかは自由ですが、一般的には、
1.4月~翌年3月にする場合、
2.暦年に合わせて1月~12月にする場合、
3.法人を設立する月から翌年前月末までにする場合
の3通りが主となっています。
このうち3には、初年度の事務作業量を軽減することができるというメリットがあります。
例えば、8/15が法人の設立日だった場合、事業年度を8月~翌年7月末までに設定すれば、法人設立初年度の決算は11ヵ月先になります。こうすれば、何かと忙しい初年度の事務作業量を減らし、負担を軽減させることが可能です。
事業年度を定める際は、この3つのうち、どれか都合の良い期間を選んで決めるのが良いでしょう。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら