お知らせ:テキストテキスト

一般社団法人の住所の表記が長く、正確に記入するのが面倒です。略称でも良いですか?

一般社団法人の設立回答 
法的手続きでは、申請に使用する名前や住所は法的に正確なものである必要があります。
法的に正確というのは、『印鑑証明書や住民票などの、公的な登記と同一である』という意味です。
例えば住所の場合、よく『日本橋○丁目○番地○』を、『日本橋○-○-○』と略して書くことがあると思います。しかし、法的手続きにおいては、略称は正確な住所として認められません。
このような表記をすると、申請が受け付けられず、不受理になったり不可になったりする可能性があります。スムーズな申請のためにも、住所は正確に記入して下さるようお願い致します。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら