お知らせ:テキストテキスト

一般社団法人設立とは何か?

資本金なしで、すぐにでも事業を始めたい方。
やろうとしている事業の内容が、特定非営利事業に限らない方。
異業種間に渡って、新規事業を試してみたい方。
少ないメンバーで法人を立ち上げたい方…

そんな方に知ってほしいのが、『一般社団法人』というものの存在です。

一般社団法人』とは、平成20年12月1日に施行された、『一般社団法人および一般財団法人に関する法律』に基づいて設立される法人のことです。
『社団』というのは、『一定の目的で構成員(社員)が集まった団体』のこと。このうち、法律で法人格が認められ、その権利義務を有するものを『社団法人』といいます。
 これ以前にも社団法人と呼ばれるものはありましたが、当時は、官公庁の許可が必要で、性質そのものが違いました。現在は、法律が変わり、一般社団法人は、官公庁の認可がなくても、最低二人以上の人間がいれば、誰にでも設立できるようになっています。また、資本金も不要な上に法人格を持つことができるので、誰にでも利用しやすくなっています。

では、一般社団法人の特徴やメリットは何なのでしょうか?この一般社団法人の特徴やメリットは4つあります。

1.資本金が不要
法人格を代表するものには株式会社が一般的ですが、株式会社の設立には資本金が必要になります。今は1円でも株式会社を作ることはできますが、この場合、業種によっては信用を得るには資本金を増資する必要が出てくる場合があります。一般社団法人はそういった厄介な規制はなく、資本金そのものが不要です。ただし、登記手続きの費用はかかります。

2.2名から設立できる
資本金が不要で、一般社団法人と似た性質を持つ法人に「NPO法人」があります。NPO法人は、10名以上のメンバーが必要ですが、一般社団法人は2名から法人を立ち上げることがでます。

3.事業目的に公益性がなくても問題ない
NPO法人の場合は、法人税がかからない各種税務優遇措置があるなどのメリットがある半面、事業が『公益事業』『非営利事業』に限定されており、その審査にも時間がかかります。しかし一般社団法人の場合は、公益・共益・収益のいずれの事業も展開することができ、内容に制限がありません。また、内容の審査がないので申請に時間を取られることがありません。

4.登記申請だけで法人が設立できる
一般社団法人を設立するのに、特別な認可は不要です。登記申請をするだけで法人を作ることができます。また、メンバーになるための条件は特に定められておらず、誰でも設立が可能です。登記申請にかかる時間も早ければ一日で終わります。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む
ぜひ新日本総合事務所の一般社団法人設立支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら