M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所
帝国データバンク静岡支店のまとめによると、県内企業の57、4%が、トップの後継者不在で悩んでいる。
【 2018年11月22 01:53 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

事業承継ニュース

企業の後継者不在57% 小規模業者ほど深刻

帝国データバンク静岡支店のまとめによると、県内企業の57、4%が、トップの後継者不在で悩んでいる。
同支店は「小規模業者ほど後継者不足が目立つ」と指摘。高い技術を持ちながら後継者不在で廃業するケースもあり、中小企業にとって事業承継が深刻な課題であることが浮き彫りになった。
後継者不在率の全国平均は67、2%で、本県は都道府県別で36番目。
調査対象1万6898社のうち、9693社が「後継者がいない」「未定」などと回答した。
規模別でみると、年商1億円未満の零細企業が66、2%と最も高く、規模の小さい企業ほど不在率が高かった。
1千億円以上の大企業は12%にとどまっている。
業種別では建設66、3%、サービス業61、2%、不動産57、9%―などと続き、県内主力の製造業も51、8%と半数を超えた。
同支店は「ものづくりを支える中小企業の事業承継がストップすれば、国内全体の技術力の低下につながりかねない」と指摘。
対応の遅れについては「内需縮小など売り上げがじり貧になる中、事業継続をためらう中小・零細企業も多い」とみている。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ