M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所
調味料で国内最大手の味の素は、事業提携やM&A(合併・買収)による調味料事業の拡大を検討し医薬事業も強化する方針
【 2018年12月18 04:43 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

味の素社長:提携、M&Aで調味料強化へ

調味料で国内最大手の味の素は、事業提携やM&A(合併・買収)による調味料事業の拡大を検討し医薬事業も強化する方針だ。
世界的な食品企業になるための基盤を固める。
伊藤雅俊社長がこのほど、ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで述べた。
同社は、経営計画の中で2016年度までの営業利益目標を1000億円超とし、グローバル食品メーカーでトップ10入りすることを目指している。
調味料事業は、世界企業への成長に向けた柱のひとつと位置付けており、同事業にも3000億円の資金をM&Aに有効活用していく方針。
伊藤社長は調味料の分野について「世界一上手に作れるように、必要な技術やブランドなどに関心がある」とした上で、自助努力による成長だけでなく「提携やM&Aもある」と述べた。
また医薬についても「構造を強化するため、施策を打つ」考えを示した。
調味料事業のM&Aや提携の対象として伊藤社長は、すでに研究開発で実績のあるうまみなどといった基本的な味覚以外の「食感と香りの分野に関心がある」と語った。
同社はこれまでも、06年に香港で中国醤油事業などを手がけるアモイ・フード・グループを買収。07年にもスープなどの原料を製造する米ニュー・シーズン・フーズを買収し、海外事業を拡げてきた。
ブルームバーグのデータによると、11年度の売上高に占める海外の比率は約34%に上る。
みずほ証券の佐治広アナリストは、味の素について「海外のコンシューマーフードの比率を上げることが課題」で、M&Aは「調味料のブランドが買えれば一番いいだろう」との見方を示した。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ