M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所

北海道、東北地盤の食品スーパー、アークスが、2012年7月5日に発表した2012年3~5月期連結決算は、経常利益が前年同期比30%増の36億円

【 2018年04月27 06:08 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

M&A関連ニュース

アークスの3~5月期、経常益30%増 M&A効果で業績拡大

北海道、東北地盤の食品スーパー、アークスが、2012年7月5日に発表した2012年3~5月期連結決算は、経常利益が前年同期比30%増の36億円だった。
青森県地盤のユニバースと道内の篠原商店を昨年子会社にした効果が大きい。
アークスは9月に岩手県地盤のジョイスを子会社にする計画で、M&Aによる業績拡大が続きそうだ。
売上高は前年同期比35%増の1031億円。
四半期ベースで初めて1000億円を突破した。
3~5月期の売上高にユニバースが264億円、篠原商店が12億円の上乗せとなった。
既存店の売上高は1%減った。
顧客1人当たりの販売価格は1%増えたが客数が3%減少した。
前年同期に震災特需で水などの生活必需品を求める消費者が多かった反動とみられる。
企業を買収すると統合コストもかさむが、アークスは規模拡大で、仕入れコストの削減を進めている。
情報システムへの投資費用も効率化している。
 アークスは9月1日にジョイスを子会社にする。
ジョイス分を加えた13年2月期通期の業績予想は現在集計中。
業容拡大に対応して、9月に札幌本社の隣接地に事務棟を建設して本社機能を拡張、グループ統治を強化する考えだ。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)

もっと知りたいときはこちらからどうぞ