M&Aとくに後継者問題の事業承継なら新日本総合事務所
許認可事業に特化した株式公開(IPO、上場)を目指す会社の経営戦略とマーケティング、M&Aを支援するCSR経営のコンサルティングと法律手続オフィスです。
【 2018年08月17 20:35 現在 】
リニューアルに伴うサイトメンテナンスを行っています。そのため一部ページがご利用いただけない場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

文字のサイズ

事務所概要

SBI大学院大学

日本初の全人格教育に取組む経営大学院

SBI大学院大学は「新産業クリエーター」を目指すSBIグループの全面的な支援のもとに、2008年4月に設立された新しい大学院です。
経営者の代表的人物である渋沢栄一氏が、著書『論語と算盤』において説いた「道徳経済合一説」の実践をその設立の趣旨として、社会や経済に貢献しようとする高い志と意欲を有する人々に広く門戸を開放して、互いに学びあい、鍛えあう場を提供しております。
ここで「高度なビジネス・スキル」の習得と「人間力」の涵養を通じて、日本経済の健全な発展のみならず、国際的な場においてもリーダーシップを発揮することができるプロフェッショナルを育成することを目指しています。

SBI大学院大学と新日本総合事務所

新日本総合事務所の代表 猪股 真は、大学院設立当初から学長の北尾吉孝氏の理念に共感して参加。ビジネスモデルの講義を担当しています。
ビジネスモデル企画の講義では、21世紀においてますます重要性が高まると考えられる様々な業態のビジネスモデルを分析し学習します。
農業(第1次産業)から、メッキ工場(第2次産業)、レストラン、通信販売業(第3次産業)などの実際の成功事例をみながら、各事業に共通する顧客価値の提供と創意工夫された仕組み、事業成功要因を学んでいきます。
事業を行うにおいてビジネスモデルの設計の重要性を理解した上で、パターン化されたビジネスモデルのそれぞれの特性と違いについて理解する事で、ビジネススタイルに合ったビジネスモデルを選択する重要性について理解を深めます。
ビジネスモデルの設計に必要な方法論を事例などを交えた授業において習熟する事で、事業計画作成の基礎知識を身につけています。

ご興味のある方、入学をご希望の方は、下記の問い合わせボタンから入学要綱(資料請求)を行っていただけます。